毎日笑顔のブログ

アロマテラピー&メディカルハーブ&ヨガスクール 校長の日記

AIのこれから=生体リズムと共に☆早起きは3億の得・徳

 https://blog.hatena.ne.jp/tanakasachika08/smileface.hateblo.jp/edit?entry=98012380865229743

「早起きは3億の得」という本があります。

 

これはインターネット界のカリスマである石田健氏のご著書です。

平成23年11月10日に初版第1刷発行(祥伝社出版)

 

f:id:tanakasachika08:20190212104846j:plain

 

ご著書から少し引用させて頂きます。

 

****僕の座右の銘は「早起きを旨とすべし」です。

この言葉は、偉人の名言というわけではありません。大阪はミナミでトイチ(金利が10日で1割)の貸金業を営む男を主人公とした「ミナミの帝王」というマンガがありますが、その主人公、萬田銀次郎の言葉です。「ミナミの帝王」にはこんな話があります。

***

 

と続きます。

 

 ここでは単に朝早起きすると3億の値打ち程の良いことがあると言うより

スピードでものごとを判断して即実行と言った行動する「捉え方」、「応用の仕方」など多くの刺激的な発想がちりばめられています。

 

f:id:tanakasachika08:20190212105117j:plain

(車が行き交う寒い朝の都会、六本木の隅で咲く花たち 2月4日)

 

 戦後の日本でヨガの草分けであり先駆者、思想家である著名な沖正弘氏(1921-1985)は、多くの人々に影響を与えた余りにもビッグな存在でしたが、

 

「偉い人には生きてるうちに会っておけ」とおしっしゃいました。

 

生きているうちに出会えて良かったと思える本「早起きは3億の得」石田氏(先生)に出会えて良かった!と思うこの頃です。

 

 

実際のこの頃のワタシはというと朝は日の出と共に起床。

だから冬は自然に朝は7時前後になるし、夏は冬より2時間位はやく、自然に目覚めて一日が始まります。

 

ヨガでは太古の時代から

「日の出とともに起き、日が沈むとともに寝る」と言われてきました。

もっとも電気もない時代だからのそうせざるを得ないんだけど。。

 

 

自然の流れ、リズムとともに生活をすると心身に矛盾が生じないという意味なんですね。

 

 

私たちにはそれぞれに違う自分自身のリズムがあります。

地球にも一定のリズムがあります。

 

生体リズムの周期には呼吸など短い周期のものから、季節の変化などの、ほぼ一年単位の周期のものまであります。

 

夜更かしは生体リズムを狂わせる要因になるけれど複雑になった今の時代、警備の仕事など、夜の間に安全を守ってくれる仕事もあります。

 

AIが今後、どのような変化をもたらすのか興味は尽きないけれど、ヒトが自然のリズムと協調して暮らせるように力を発揮してくれることを願うばかりです!!

 

 

ワタシにも、早起きをせざるを得ない時代がありました。

慌ただしく起床して子供たちの世話や、仕事や家事の段取りなど、朝はとくに集中して大変だった時代。

 

  今は誰かにせかされることもなく目覚めたい時刻に起床する。

冬場は、日の出が遅くて寒い時刻に、敢えて頑張って起きる必要も少ない。

 

こんな生活を可能にしてくれているこの生活環境。

年を経ることで、やっと得られたぜいたくなぜいたくな自由を、心から楽しんでいます。

 

 

春からは日の出時刻も早くなるし、少しずつ早起きして朝のフレッシュな空気が楽しめそうです!🌸🌸🌸

「早起きは3億の大得、大徳」ですね!!